痔の薬

痔の薬 まとめ

日本人の6人に一人は、かくれ痔主なんだそうですね。自覚していないけど、痔を持ってる人がけっこういるのだとか。

 

手術するような大事になる前に、しっかりケアしたいですね。

 

とはいえ、ドラッグストアに言って、痔の薬をまじまじと眺めるのは恥ずかしいなぁ…
というわけで、痔の薬情報をまとめてみました。

 

痔の薬 まとめ

 

外用薬(軟膏、座薬など)

 

ボラギノール(天童製薬株式会社)

 


ボラギノールA注入軟膏|ボラギノール製品情報

 

痔のタイプにより、いくつか種類があるようです。

 

出血、はれがある場合はAシリーズが良いようです。

 

Aシリーズ 肛門の痛み・出血・はれ・かゆみに

ボラギノールA注入軟膏 肛門の内と外の痔用
ボラギノールA坐剤 肛門内側の痔用
ボラギノールA軟膏 肛門の外側、肛門付近の痔

 

Mシリーズ 肛門の痛み・かゆみに(非ステロイド系)

ボラギノールM坐剤 肛門内側の痔用
ボラギノールM軟膏 肛門外側・肛門付近の痔用

 

プリザエース(大正製薬)

 

プリザエースは、商品名が似てるのが多くてややこしい…

 

肛門内側(奥)の痔用

プリザエース坐剤T
プリザエース注入軟膏T
プリザS坐剤

 

肛門外側の痔用

プリザエース軟膏
プリザエース注入軟膏T
プリザS軟膏
プリザクールジェル

 

飲み薬

 

意外!痔は、飲み薬が効くんですね。

 

こちらは、「あっ、来たかな…?」という初期段階で飲んでおくと良いと思います。

 

ボラギノールEP
漢方のボタンピ、セイヨウトチノキの趣旨、シコンで血の循環を改善し、炎症を抑えます。

 

プリザ漢方内服薬
漢方の「乙字湯」で、便通を良くしつつ、患部の血行を促進して痔の症状を改善します。

 

ただね…ボラギノールもプリザも有名すぎるんですよね。悪い意味で。
痔の薬 まとめ

 

これをバッグに入れてて、人に見られたら…ひゃああああ!

 

そこで、プリザと同じく乙字湯の漢方で、パッと見、何の薬なのか見分けがつかないものがあります。

 

 ↓

 

 

中身がゼッタイわからない包装で届きますし、パッケージも何の薬やらわからないようになっています。
だが、それがいい!

 

まあ、そこまで気にするのは私くらいかも知れませんが、私と同じく繊細なあなたはチェックしてみてください。

 

キレ痔・イボ痔に漢方パワーがスーッと効く!"ピーチラック"

関連ページ

痔の種類
痔といえば、イボ痔が有名ですが、他にどんな痔があるんでしょうか?