フライパンに餃子がくっつく!

餃子がフライパンにくっつかない焼き方は?

焼き餃子をフライパンで焼くとき、
どうしても皮がフライパンにくっついてしまって、
ベロッと皮がはがれて中身が出ちゃうよぉ〜!とお嘆きのあなたへ。

 

フライパンに餃子がくっつく!

 

基本的に、この手順でくっつかないはず。

 

 

  • フライパンに、少し多めの油を入れ、よく熱する。
  • 余分な油を捨てる・または、キッチンペーパーで拭き取る。
  • 強火で餃子を焼く(焼き目がつくほど)
  • 中火にして、フライパンに水を入れる(餃子10個に大して100ccくらい)
  • 水分がなくなるまで焼く

 

焼けたら、樹脂製のヘラなどでシャッ!と剥がす。

 

なお、加える水を、片栗粉入りにすると「羽付き餃子」っぽくなります。

 

どうしてもダメだ…というあなたは、諦めてフッ素加工のフライパンを使う方が楽かも…。

 

フッ素加工のフライパンと言えば…?

関連ページ

焦げ付かないフライパン ティファール
ただのテフロン加工ならホームセンターでお安く手に入ります。それをなぜわざわざ高いお金を出してティファールにするんでしょう?ブランド志向?変なこだわり?実は…
フライパンにオムライスがくっつく
焼いているとくっついてしまってオムライスがうまく作れない? 何かコツはあるんでしょうか?