車の運転 いつまで

車の運転はいつまでできる?

「90歳ドライバーが4人を次々にはねた事故」
「77歳の運転する車が逆走、家族3人が乗る車に衝突」
「80代がアクセル踏んじゃった、コンビニに車突っ込む」

 

などなど、高齢者ドライバーの事故がニュースで報じられています。

 

うちの父もそろそろ70歳。何かあってからでは遅いし、運転やめろと頭ごなしに言うと怒らせてしまうし、どうしたらいいんでしょうか?

75歳以上は認知機能試験アリ

実は、75歳以上の免許更新時には、認知機能検査が行われています。

 

認知症と診断された場合には、免許の停止や取り消しの処分を受けることがあるんですね。

 

なーんだ、じゃあ、高齢になると自動的に免許が取り消しになるんじゃん。頭いいね。

 

…と思ったら、「90歳で4人をはねたドライバー」は、認知機能検査に合格していたのだとか。

 

高齢ドライバー側の気持ちは…?

「すぐに運転をやめるようにしてください」と言われても、運転をやめない高齢者が多いのだそう。

 

たとえば、とある83歳の男性は、車で15分の市民農園で農作業するのが大好き。生きがいと言ってもいいくらい。

 

そこで頭ごなしに「危ないから運転をやめろ!」と言われても、反発心しか湧いてこないんでしょうね。

 

83歳ドライバーは、「60年間運転してきて、一度も事故を起こしたことはないんだ」と自身まんまんに言い返したそうです。

 

そうなんだろうけどさあ、万一事故が起こったら…

 

「一度も事故を起こしたことはない」

 

うん…なんか、説得できる気がしないですね。

 

高齢者が車の運転をやめた例

どういうきっかけで、高齢者は車の運転をやめるんでしょうか?調べてみました。

 

  • 信頼できる人、尊敬出来る人から「運転を止めましょう」と言われた。
  • 「高齢者は免許更新ができなくなった」と目上の人から(嘘を)言ってもらった。
  • 軽い事故を起こした時に、話し合った。
  • 車検のときに、車の鍵を隠したり、車を故障させたり、バッテリーを上げるなどした。
  • 車を維持する経済的余裕が無い、という。
  • 運転中、後ろからクラクションを鳴らされ車の運転に不安になったときに話をした。

 

嘘も方便というか、相手の気持ちに配慮した言い方でうまくいったというケースがあるようです。

 

車のセーフティ機能は、高齢者にどこまで有効?

衝突回避機能、自動ブレーキ機能など、最近発売される車のほとんどに搭載されているセーフティ機能。

 

いったい、どこまで有効なんでしょうか?

 

政府が定めるサポカーS(セーフティー・サポートカー)。
参考)サポカー・サポカーS(安全運転サポート車)のWEBサイト

 

自動ブレーキ機能と、ペダル踏み間違い時の対策が搭載されています。

 

さらに3段階のランク付けがされています。

 

  • サポカーSベーシック
  • サポカーSベーシック+
  • サポカーSワイド

 

サポカー

 

両親に奨めるなら、対歩行者自動ブレーキと、ペダル踏み間違い対策のついたサポカーSワイドですね。

 

各メーカーとも、サポカー特設ページを作っています。

 

 

page top