焦げ付かないフライパン ティファール

焦げ付かないフライパン ティファール

今まで使ってた、安物のテフロン加工フライパンがダメになってきたので、
ティファールに買い替えてみました。

 

焦げ付かないフライパン ティファール

 

こげつかない、フッ素加工フライパンの元祖だそうですね、ティファール。

 

取っ手の取れるフライパンが人気ですが、
今回は取っ手が取れないフライパンを選んでみました。

 

焦げ付かないフライパン ティファール

 

サイズは26cm、IHファンクション(IH対応ってことだと思います)です。
長持ちさせたいので、火を入れっぱなしにしたり、洗うときにスポンジでこすり過ぎないように気をつけたいです。

 

焦げ付かないフライパン ティファール

 

フライパン中心部の「赤い丸」は、温度変化を知らせるマーク。
十分に温まると、丸の中の文字が消えます。これが意外と便利。

 

使い心地

 

決して軽くはないですね。重さは普通。
熱伝導に優れているということでしたが、飛び抜けて熱伝導がいいという感じはありません。

 

ただ、世界レベルのフッ素コーティングって言うだけあって、焦げ付かないですねー。

 

ちなみにくっつきにくさは、ティファールのコーティングチャート最上位の「チタン・プロ」。

 

焦げ付かないフライパン ティファール
※参考 ティファールのコーティングチャート

 

ティファールのコーティングの表記に、チタン・プロ、アルティミウム・プロ、インテンシウム、プロメタルプロ、エキスパートプロ、インテンシー、ロングライド、レジストプラスなどの名称が書かれていると思いますので、よくチェックしましょう。

 

フライパンの裏の変な模様(笑)は、熱をムラなく伝えるためのものだそうです。
ホットケーキとか、均一に焼き目がつくのかな?

 

耐久性

 

使い方によるのでしょうが、2〜4年程度保つという人が多いようでした。

 

ティファール歴が長い人によると「大事に使えば5年はいける。半年でダメになるのは使い方に問題あり」
とのことでした。

 

大事に使いたいですね。

 

耐熱温度

 

ティファールのフライパンは基本「中火以下でお使い下さい」
とのことです。

 

フッ素が痛むんでしょうね。

 

フッ素自体の耐熱温度は280度で、さすがにそこまで高温になることはないでしょうが、
空焚きみたいなことをすると確実に寿命は縮まりそうです。

 

揚げ物なんかも避けたほうがいいでしょうね。

 

手入れ

 

公式サイトに洗い方のポイントがかいてありました。

 

洗剤を使う
水だけでは落としきれない、表面に残った塩分や油分が、コーティング剥がれの原因に。しっかり中性洗剤を使って洗いましょう。

 

おすすめのスポンジ
洗うときはやわらかいスポンジを使うのがベスト。

金属タワシや磨き粉は、表面にダメージを与えるのでNGです。

 

取替えのタイミング

 

まあ、焦げ付くようになったらそろそろダメかな…って気はしますが、
公式サイトによると…

 

  • 油を引いてるのに食材がこびりついたら、そろそろ寿命。
  • フライパンの内面に傷がついて、中の本体金属が見えてきたらそろそろ寿命

 

せっかくのティファール、大事に使いたいですね。
そろそろ買い替えどきかも…というあなたは、こちらをチェックしてみてください。

 

最新型のティファールフライパン

page top